酸化鉄

酸洗廃液の高温焙焼方式は、噴霧焙焼法と流動焙焼法に大別されます。
当社の酸化鉄粉は当社独特の技術である流動焙焼法(ケミライト法)によって製造されています。
流動焙焼法(ケミライト法)は噴霧焙焼法の様に炉底で高温、長時間の熱履歴を受けないので、得られる酸化鉄粉は極めて微細で、フェライト焼結時に高い活性を発揮します。
また、焙焼に供される原液は特殊な精製処理を行なうことにより、通常フェライト用酸化鉄粉で問題とされるシリカ、酸化カルシウム等の不純物を極めて低いレベルに制御することが可能です。
このように当社製品は、粉体特性と化学組成の両面でフェライト用原料として、優れた特徴を備えているため、とくにソフトフェライト用酸化鉄粉として国内外の需要家の皆様から高い評価を得ています。

代表的な酸化鉄の品質例
品 種 SiO2 CaO APS 用    途
(ppm) (ppm) (μm)
高純度品 50〜70 40〜70 0.5〜0.7 ソフトフェライト用
一般品   〜200   〜140 0.5〜1.0 ソフト、ハードフェライト用、
顔料、鋳材用
APS(平均粒子径) 空気透過法による測定

高純度品電顕写真 コンテナバック写真
高純度品の電子顕微鏡写真 製品荷姿(コンテナバック)
※クラフト紙(25Kg)もあります。


お問合せ窓口
ケミライト工業株式会社 営業部 
TEL(03)3272-3500
FAX(03)3272-3501